東京オリンピック・パラリンピックをEcoLympicに!

提言 ~ 第六弾 東京オリンピックをECOLYMPICに!

提言

国際オリンピック委員会は、五輪憲章で「環境問題に関心を持ち、持続可能な開発を促進する」と掲げており、2012年に開催されたロンドンオリンピック・パラリンピックは、スクラップ&ビルドではない「持続可能性(サステナビリティ)」を目指す大会として運営され、史上最も環境に優しい大会として高い評価を得ている。そのなかではその開催に際して、「持続可能なイベント運営」が策定されるなど、オリンピックにとどまることなく持続可能なイベント運営を指し示す指針作りにも貢献している。

一方、2020年 の東京オリンピック・パラリンピックは、20148月 に当時の石原環境相が「日本の優れた環境技術を国内外に発信する」として「環境五輪」構想を発表したものの、具体的な進展が見られないまま、
国立競技場の解体
/新 設などの段階に入っている。あと5年 となった現在、このままでは東京オリンピックは、1960年 代のスクラップ&ビ ルト型、非持続的な打ち上げ花火型のオリンピックに後退してしまう危険性も懸念される。

オリンピック・パラリンピックという世界的なイベントを未来の持続可能な社会にするためのステップとしても生かしていくために、エコマテリア ル・フォーラムは、多くの心ある皆様に、「東京オリンピックを
EcoLympicに」
の呼びかけを巷から起こしていき、大きな世論としていくことを呼びかけます。

循環型社会20
リサイクルベースの素材利用率
90%
      リユースシステムの徹底利用
発生廃棄物量の削減

   Tokyomottainaiに参加しよう

 

脱炭素社会元年
水素エネルギーシステムの利用
再生可能エネルギーの活用
徹底した省エネルギー 
        エネルギーも Mottainai

自然共生社会200万年

    生態系との調和

   天然素材の活用
    心温まる関連 イベント

    自然と調和したOmotenashi